なごやくざいしのブログ

名古屋で調剤薬局の薬剤師をしています。

英語で服薬指導 自費薬

自費薬ってなんていうんだろう…

 

 

 

This medicine is not covered by insurance.

保険の効かないお薬になります。

 

 

は!!

なるほど、自費薬=保険の効かない薬

保険でカバーできない薬ってことね…

 

 

今日も1つ、勉強しました。

 

 

 

薬剤師の声がでない!

先週1週間、台風のあとから

体調を崩しておりました…!

 

薬剤師もときには風邪をひくわけで

 

薬剤師もときには風邪をこじらせます。

 

 

喉からくる風邪だったので、ガサガサの声で

 

(こういった場合は、患者さんへの投薬は控えめにして、調剤室で黙々とピッキングです。)

 

2-3日目には完全に声を失ってしまいました。

(こういった場合は、患者さんへの投薬は不可能で、一日中シュレッターをかける作業を頼まれました。)

 

 

 

 

 

さあ、ようやく1週間目にして美声が戻って来ましたので、元気に、本日より投薬へ向かった訳です。

 

 

はー声が出るって最高!!!

 

 

ここから、どんどん寒くなって、風邪も流行る季節になっていきますが、

 

薬剤師の名にかけて

 

風邪引かぬよう、心がけます。

英語で服薬指導 切って使う〜〜

ドレニゾンテープ 1枚

24時間ごとに貼り替え 最大5日間

 

 

 

この間、外国の虫刺されの患者さんにドレニゾンテープが出まして

 

(ちなみに虫刺されはinsect bitesといいます!)

 

あれ?これを、必要なサイズに切ることどー説明しよう。

 

って焦ったので

 

ここで、復習いたします。

 

Today you have a patch type medicine.

貼り薬タイプの薬が出ています。

 

This medicine works to improve the inflammation like rash.

かゆみのような炎症を抑える効果があります。

 

 Please cut it to the size of affected area,and put  

it on there.

症状のあるところに合わせてきって、貼ってください。

 

Please replace the medicine daily.

毎日張り替えること。

 

 Please don’t use over 5days

使うのは最大でも5日間までにしてください。

 

 

 

 

簡単そうなことが、言えないんですよねええ

 

まだまだ!

薬剤師と台風接近

台風21号が勢力を強めて名古屋にやってきそうですが、

 

薬剤師は士気を失いつつ、職場に向かいます。

 

 

こんな日は、薬受け取りにくるんじゃなくて

家で安全確保が絶対と思いますよ…。

 

 

さて、朝から晩までテレビと仕事している薬剤師なので

薬剤師に聞けば

 

台風の勢力

進路

警報の有無

電車の遅延状況

 

もわかるかもしれない。

 

 

昨日もクリニックのスタッフさんが、台風情報を知るためだけに薬局へやってくるという状況。

 

 

そう、クリニックさえ閉まれば薬局の仕事はないに等しいのだから、クリニックが閉まるかどうかは調剤薬局薬剤師にとって超重要事項なわけです。

 

 

名古屋の台風は、

 

夜中にくるもの、

 

という暗黙の了解があり

 

お昼過ぎにやってくる台風21号はみんな、(仕事がやすみになるんじゃないかという)期待と(仕事あったら帰れないんじゃないかという)不安でいっぱいですが。

 

 

どうやら、職場からは一本も連絡なし、

 

後半の不安だけは当たらないでほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

は!!!もしかしたら

午後診療はやすみになったりしないかしら…

 

淡い期待も添えていざ出勤です。

英語で服薬指導 睡眠薬

寝苦しい熱帯夜も減ってきた今日この頃。

 

皆さまお元気でしょうか?

 

睡眠薬は英語でsleeping pillsといいます。

 

今日は睡眠薬にまつわる服薬指導に役立つものを紹介していこうと思います。

 

トリアゾラム錠0.25mg 1錠 寝る前 14日分

Today your Dr. prescribed a sleeping pill for you.

本日は眠剤が出ています。

Please take 1 table before going to bed.

寝る前に一錠服用してください。

It’s for 14days.

14日分になります。

 

 

とまあ投薬はシンプルですが

 

 

Don’t you sleep well?

よく眠れないのですか?

Do you have sleeping problems?

睡眠に問題がありますか?

 

等聞き取れば

 

It’s hard for me to fall asleep.

寝つきが良くない

I wake up at midnight 

夜中に起きてしまう

 

などの詳細を聞き取れば

入眠困難なのか中途覚醒なのかも理解できます。

 

 

ほかに、

Please avoid to drink while you’re talking this medicine.The medicine may work too much.

薬を飲んでいる間、お酒を飲まないようにしてください。薬が強く効きすぎることがあります。

 

If you feel sleepy at morning when you are taking medicine,please tell us or your Dr.

もし、朝まで眠いようなら、それは相談してください。

 

などなども使えそうです!!

 

以上

本日の勉強はおしまい。

 

薬剤師へ差し入れ

律儀な患者さんから

 

差し入れをもらうことがしばしば有ります。

 

ありがとうございます。

 

差し入れもバリエーションが豊かでして

 

 

 

旅行に行った時のおみあげ

 

コンビニのチョコレート、アイス

 

写真(風景画など)

 

DVD(映画等)

 

手作りのアクリルたわし…

 

などなど

 

色んなものを受け取ります。

いやいや

お気持ちが嬉しいです。

 

 

 

この時期ですと、そんなに多くはないですが、御中元をもらうことも、たまーにあります。

 

たまーに

 

そして、御中元を見ると私は必ず思い出す出来事があります。

 

 

 

 

 

数年前でしょうか、ある患者さんから、丁寧に梱包された御中元が薬局にとどきまして

 

 

届いた御中元を開けて

 

 

なんて立派なものを送ってくるんだ!!!

 

 

 

とスタッフ全員で感激したところ

 

 

 

宛名がとなりの病院宛ということに気づきました。

(配達ミス!!!)

 

 

なぜ宛名を先に確認したかったのか

 

なぜビリビリに包装紙を破いてしまったのか

 

なぜちょっと食べるまでに気づかなかったのか

 

逆に気づかずに全部食べてなにもわからない方が良かったのか(それはない)

 

悔いても悔やみきれず

 

 

 

 

 

 

いやー汗だくになって、病院へ謝りに行きましたね。患者さんにも申し訳なかった。

 

 

 

というのを

 

今年も患者さんから間違いなく薬局宛に届いた御中元を食べながら思い出すのでした。

 

薬剤師と夏休み

まもなくやってきます、夏休み。

調剤薬局薬剤師の夏休みはと言いますと…

 

 

門前の病院の夏休みに合わせて、薬局も全員夏休みをとる

 

というパターンと

 

夏休みなんてないよ!ずっと空いてるよ!

1人薬剤師とか2人薬剤師とか

ちょっと従業員減らして、順番に休もう!

 

というパターンと

あるかなと。

 

私はと言いますと…

 

夏休みないパターンなんですが。

 

どうせ病院閉まってるし、患者さんこないでしょ?暇でしょ?いいじゃん!

と思われるかもしれませんが。

 

 

違うんです。

 

まずは、必ずやってくるのは、病院が空いてると思ってやってきた患者さんの対応

 

「え?今日病院やすみ?」

はい

「いつまで?」

水曜日までですね

「薬切らしちゃったんだ、ちょっとだけ出してよ」

処方箋がないと、お渡しできないんです

「困るよ、暑い中せっかくきたんだ」

そうですよね、でも処方箋が…

「じゃあ他に空いてる病院ある?」

ちょっと遠いんですけどこの病院なら今日やってるみたいで

「困るなぁぁあ」

はい…すいません…

「お願い3錠だけ売ってよ」

いやぁぁあ、ちょっと

「じゃあ何しに薬局開けてるの」

…。

 

 

という切ないやりとりを1日中何人もします。

 

 

そして、処方箋を持ってきてくれたお利口さんの患者さんでも問題が。

 

人がいないのでいつもの倍時間がかかります。

 

処方が変→問い合わせだなこれ→病院夏休み→患者さんに説明→とりあえず薬ください→こまる

 

ない薬が出る→近隣の薬局は夏休み→いつもより遠いとこ買いに行く→人員を取られる→より時間かかる→患者さんにらんでる→こわい

 

一包化(くすりの袋詰め)の処方くる→一生懸命つくる→やっとできた→先輩、薬買いにいっちゃった→あ、監査(薬の確認)してくれる人いない→患者さんにらんでる→こわい

 

事務さんがコンビニにお昼を買いに行った→患者さんがきた→軟膏ミックスの処方箋の入力(お会計の計算)なんてしたことない→事務さん帰ってくるまで待つ→患者さんにらんでる→こわい

 

 

お分りいただけたでしょうか?

 

夏休み期間中の薬剤師は、なにも起こりませんようにって思いながら働いてます。

 

 

皆さま、できればかかりつけ医院の夏休みはきちんと把握を。

 

 

超簡単な薬なら、いつでも歓迎。